So-net無料ブログ作成
ファッション ブログトップ
前の10件 | -

今年の春はボーダーを探さない~今欲しいもの~ [ファッション]

 ボーダーが好きでした。今だって好きです。すごく惹かれます。似合うボーダーを見つけようとしてきました。骨格診断ウェーブタイプは、おおむねボーダーが似合わないと言うけれど、きっと、私に似合うボーダーもあると思うんです。探しているのは、胸元が無地のパネルボーダーで、オフホワイトとブラック、ブラックの線が細いもの。ここまではっきり絞りました。

 だけど最近、好みに変化が出てきました。好きだったパーカーやジーンズに抵抗感が出たのです。好きなのに、着るとイヤだと言う不思議さ。どうも、カジュアルでアクティブな印象のアイテムに抵抗が出てきたのではないかと思われます。そういうの、大好きだったのにね。まさしく、ボーダーシャツもそんなアイテムではありませんか。

 現在私はボーダーのアイテムを持っていません。ひょっとしたら、ここで手に入れても、ボーダーにも抵抗が出てくる恐れがあります。だから、ボーダーを探すのはやめようと思いました。白黒パネルボーダーを探すあまり、ボーダーには目が行く習慣がついてしまっているようなので、ここでちゃんと宣言しておきます。ボーダーはいらない。また気持ちに変化が出たら探すかもしれないけれど、この春の新規購入リストからは外しましょう。

 他にも、今まで好きだったけれど、今は惹かれないものをまとめておきます。

 ・ボーダー柄
 ・ロゴTシャツ、トレーナー
 ・パーカー、プルパーカー
 ・スキニーパンツ
 ・ブルーデニム
 ・キャスケット
 ・チェック柄

 今は、どの年代の人も着るアイテムですが、一昔前だったら「若者向け」といわれたようなアイテムが多いですね。
 逆に今、私が着たいものは、ミモレ丈スカートもしくはスカート見えパンツ、無地のハイゲージニット。襟付きシャツにも抵抗は薄いかな。
 色だったら、デニム系のブルー、カーキ色がダメで、紺色も好まなくなったようです。これらの色は鉄板だと思っていたので、意外すぎます。今は精神状態が良くないので、黒には惹かれます。一方で赤は相変わらず好きで、さらに原色の鮮やかな緑や青は欲しい色です。原色に惹かれるもウツのせいがあるのかな。

 今、欲しいものの候補が3つほどあるのですが、どうしようかな。ブルーデニムはNGだけど、ホワイトデニムならどうなんだろう。レオパードストールは手放すことに決めたけど、目をつけていたレオパードのキャンバスバッグがあります。でも、キャンバスバッグはひとつ持っているしね…。スカートに見えるパンツはベージュ色がいいかな。鮮やかな緑もいいな。青は似合わないけど、鮮やかな青のストールでいいものがあったのよね。
 カジュアルなものに惹かれなくなったとはいえ、もともと長年のカジュアル志向なので、気になるアイテムはそういうものが多くなってしまいます。まだ意識と感覚にズレがあるので、今は買わないほうがいいのかなあ。




にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

続・自撮り写真の効能 ~40代 ゆらぎ期~ [ファッション]

 自分を客観的に見る効果があるということで、誰にも見せない自撮りを続けています。今日の自撮り写真は、ボサボサ頭に疲れた顔。ああ、こんなに疲れているんだなと自覚できました。かっこ悪いからとあわてて取り繕ったり、直すのではなく、疲れているんだなとそのまま受け入れようと思います。
 「ありのままの自分を認めてあげよう」とか、それに類する言葉をよく聞きますが、頭では理解できてもなかなか実践できずにいました。自撮り写真の疲れている私を見て、それを受け入れることは、その練習にぴったりのようです。

 ちなみに今日の服装は、キャメルのワイドパンツに、赤いセーターに茶色のカーディガンを重ね着。服の数を減らしたことで、適当な合わせ方でもそこそこ悪くもないし、気分的に新鮮さも保てるようになりました。
 現在の主力は、キャメルのワイドパンツと黒のワイドパンツ。ワイドパンツはそんなに履きたい気分でもないけれど、それ以上に細身のパンツに対して抵抗感が出ています。スキニーパンツは、骨格診断ウェーブには似合うらしいのですが、どうにも気分が乗りません。

 何か買い物したい気持ちがあって、ホワイトジーンズなんかどうかなと思っていました。細身じゃなくて、ゆったりしたのだったらいいかな。ここのところ急激に服の好みが変わった気がして、躊躇しています。
 好きだったアイテム、紺色のパーカーがイヤだと思いました。好きなのにイヤだという、不思議な感覚です。大好きだったカジュアルな服装に抵抗感が出てきたようなのです。色の好みも変わってきました。カーキ色はついこの前まで大好きだったのですが、今は惹かれません。

 あんなにかわいいと思っていたコンバースも、イヤだなという気持ちがします。パーカーもそうですが、物自体は嫌いじゃないのです。ただ身につけると、ちがうという気持ちが湧いてきます。履きやすいし、形は好きなんだけどね。色が白だったらカジュアル感が減っていいのかな・・・。キャンバスに色があると、白のステッチが目立って、これがカジュアル感を強調する気がするのです

 今惹かれるのは、ミモレ丈スカート。でもキレイ目じゃなくて、綿素材で気楽に着られるものがいい。小さい子どもがいる生活上、パンツがいいので、スカートに見えるガウチョパンツで春秋ものを探していますが、なかなかほどよいものがありません。
 これはいいかもと思ったものがあったのですが、色がカーキ色しかなくて、あててみると驚くほど似合いませんでした。疲れた顔がますます疲れて見える。やっぱり感覚に従ったほうがいいみたい。

 白い靴、白いボトムスを買ってみようかな。



にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

自撮り写真の効能 ~それから私が服を「書く」理由~ [ファッション]

 スタイリスト山本あきこさんのブログを見ていたら、毎日自分の写真を撮ることがおすすめされていました。SNSにアップなんかしなくていいから、自分を客観的に見るために撮ることがいいと。そこで、私もここ何日か、撮ってみました。

 ブログなんかにアップする写真だと思うと、余計なものが写りこまないよう気を使ったり、カッコつけて何枚も撮ったりしてしまうけど、アップしなくていいなら、ちょっとした隙間時間に一枚撮ればOK。これなら続けられそうな気がします。
 ちょっと変な格好だな思うときもあるけど、客観的に見たらそこそこな格好ができているような気がして、少し気分が良くなります。それに、かっこつけずに、もさーっとしたまま撮った写真の方がよく見える不思議。へんに笑ったり、感じのいい人のフリをする必要って、ないのかな。元気のないときは、元気のないままでいいのかな。

 以前から、写真もアップせずにコーディネイトだとか服のことを書いています。こんなの、読む人は楽しいのか疑わしいのだけれど、書いているのは楽しいです。

 私は、リカちゃん人形で着せ替え遊びをするのが好きでした。中学生になっても遊んでいました。いちじるしく土台のできていない子ども時代だったので、そうやってバランスをとっていたのだと思います。
 不登校中の長い時間、リカちゃんで遊んでいたのですが、とはいっても無尽蔵に着せ替えの服があるわけではありません。手持ちの服を組み合わせ変えたり、ハンカチをドレスにしたり、大変だったので数は作りませんでしたが、手作りもしました。
 今、少ない服で着まわしの服をコーディネイトしていると、あのころと同じだなぁと思います。

 もうひとつ不登校中の楽しみは、本を読むこと。同じ本を繰り返し読みました。その中のひとつ「赤毛のアン」のシリーズには、服の描写が大変多いです。アンほどではありませんが、「大草原の小さな家」のシリーズにも、服のことが書かれています。
 この、写真も挿絵もない服について書かれた文章が、非常に楽しかった。今、私はそれをやっているのだろうと思います。あの頃の私の夢は、アンや大草原シリーズのような物語を書くことでした。こうして毎日の服を書き記すことは、ずっと私のしたかったことなのかもしれません。だからとても楽しいです。

 毎日写真は撮るけれど、私にとってブログは文章だけで服のことを書くのがいいみたいです。アンやローラの着た服の実物が見たいわけじゃなく、その服に関する文章を読むのが楽しかったように。私のしていることは、ファッション雑誌の延長ではなくて、あくまでも「アン」や「大草原」の延長にあるものなのかもしれません。 
 

 
 
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

飽きたときこそ服を減らせ2 ~心は変わる~ [ファッション]

 冬物の服に飽きてきたので、あれこれ工夫しています。
 関連記事
 「飽きたときこそ私服の制服化!」http://melogoo.blog.so-net.ne.jp/2018-01-05
 「飽きたときこそ服を減らせ!」http://melogoo.blog.so-net.ne.jp/2018-01-10

 普段使っていた服をしまい、あまり使っていなかった服を普段使いし始めました。ところが、久しぶりに着てみた服の中に、あまりにしっくりこないものがあって驚きました。
 無印良品の紺色のパーカーを持っていたのですが、久々に一日着てみると、すごく嫌な気持ちになったんです。それが、あまりにもはっきりと「この服はイヤだ」と思ったのでビックリ。紺色のパーカーなんて、たいして主張のない定番アイテムじゃないかと思うんですが。

 このしっくりこない気持ちに注目して他の服も着てみると、デニムのチュニックシャツがちょっとイヤ。そしてなんと、ジーンズがイヤ!ジーンズのないワードローブなんて、ありえないと思っているのにも関わらずです。
 デニムチュニックはマタニティのもので、断捨離候補を行きつ戻りつしているので驚きませんが、まさかデニムパンツがなんて。でも、ここは感覚に従って、ジーンズも普段使いのチェストから外してみました。

 そしてしばらく暮らしてみると、当然ですが暮らせるものです。ジーンズのないワードローブなんてありえないという思い込みが外れました。今は、二本のワイドパンツが主力になっています。
 でも、ワイドパンツも今は、ピンときているとは言いがたいのよね。では、私は今何が着たいのか?感覚に訊ねてみると・・・スカートでした。しかも中途半端なミモレ丈がいい。ゆるゆるとリラックスした感じで履きたい。
 でも私は今、ミモレ丈スカートを持っていません。母のプリーツスカートはありますが、普段使いには向かない。そこで、夏用の黒いガウチョパンツを出してきました。これは履くとスカートにも見えて、すごく気に入っています。でも綿麻なので、さすがに冬は履けないとしまってありました。

 そして着たコーディネイトは、黒のスカート見えパンツに、白のオックスフォードシャツとオレンジレッドのローゲージセーター、黒タイツとソックス。シャツとセーターは、スタイルアップのためにパンツにイン・・・なんてせずに、ゆるゆるダラダラと出して着ました。ああ、しっくり。
 園バスの送迎にはチャコールの中綿コートに、チャコールのマフラー、黒のニット帽。もう送迎に色のあるものを着る気にはなれません。

 この服の好みの変化は、一時的なものなのかどうなのかわかりませんが、しばらくはこの感覚に従っていこうと思います。今、精神的に相当落ち込んでいるので、また変わるかもしれませんけれど。こうやって、自分軸のスタイルが定まっていくものなのかなぁ。
 42才の誕生日も近づいてきて、顔立ちとか加齢の影響を感じることも多いのだけど、体だけでなく好みも、心も変わっていくのね。こういう感覚に従っていけば、変に加齢に抗うことなく、受け入れていけるのかもしれません。自分の心にフィットすることを、一番大事にしていきたいです。



にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

40代・園児&2歳児ママ ~黒・紺コーデと服の染色!~ [ファッション]

 昨日の大失態から一夜明けました。
 大失態の話→「始業日をまちがえた」http://melogoo.blog.so-net.ne.jp/2018-01-10-1

 ちーさんは無事バスに乗り登園。私は、一日無断欠席してしまったので、バスの運転をしている先生が怒っていたのではないかと思い出しては、落ち込みそうになるのを食い止めているところです。

 ウツには太陽の光を浴びることが効果的なのは、よく知られた対処法だと思います。幼稚園バスを待っているときに、朝日を浴びながらパワーポーズ。ポーズのままだと怪しい人なので、肩を回して少しほぐしました。気持ちよかった。さらに閉じこもってはいけないと、郵便局と近所のスーパーへ出かけてきました。
 公園にも行ったけど、るーさんはぐずりっぱなしで遊ばず、霜でどろどろになった土で、私まで服と靴を汚して帰ってきました。服は黒と濃紺で守り一色コーデ。でもちょっとテンション下がる。

 今日着たのは、黒のワイドパンツと黒の帽子。実はこれ、染め直したんです。漂白剤で色抜けのシミを作ってしまったパンツ。
 そのワイドパンツの話→http://melogoo.blog.so-net.ne.jp/2017-12-08
 処分するつもりだったんだけど、ひょっとしてと思ってとってありました。それを染め直したら・・・復活した!

 帽子は、綿麻のニット帽。真冬でも頭が暑くなるので、綿のニット帽を探しており、昨年の春に見つけて買いました。春用なので細い糸で編んであり、タルタルしたかんじです。やっと見つけたニット帽が嬉しくて、半年以上タルタルでかぶっていましたが、これすごくカッコ悪かったのね。タルタルさせて、娘の運動会にも出たけどね。
 とにかくこれが紺色でした。ニット帽は黒がカッコイイとスタイリスト山本あきこさんの本に書いてあり、黒欲しいなぁと思っていたので、染めてしまいました。(おすすめは、タルタルしないしっかりしたニット帽でしたけどね。)

 天然繊維しか染まらない染料だったので、綿麻にアクリルが少し混ざったこの帽子、紺色のアクリルの糸がまだらに残りましたが、ワイドパンツも帽子も、黒に見える濃紺、みたいな色になりました。
 そのワイドパンツに帽子、久しぶりに着る紺のパーカー、いつもの紺のダッフルコート、チャコールのマフラー、黒いスニーカー、バッグは茶色のパイソンにしました。

 ちなみにどうやって染めたかというと、ダイロン・プレミアムダイという染料を使いました。

ダイロン プレミアムダイ < ベルベットブラック  VELVET BLACK>

ダイロン プレミアムダイ < ベルベットブラック  VELVET BLACK>

  • 出版社/メーカー: ダイロン
  • メディア: ホーム&キッチン


 色止めも使いましたよ。洗濯するからね。




 ウツは永遠には続かない。大失態のせいで、先生が怒っていると考えたり、不信感を持たれたのではと考えたり、自分はダメだと思ったり、そんな思考はウツがさせること。他人がどう考えているかはわからないことだし、憶測で落ち込むことはやめる。また今回失敗したからといって、私には全く能力がないということでもない。ウツが過ぎ去れば、また何とかやっていけるものだよ。
 ちょっと今苦しいけれど、やりすごそう、やりすごそう。


にほんブログ村

飽きたときこそ服を減らす! [ファッション]

 手持ちの服に飽きがきたときの対策、その2。その1はこちら。
 http://melogoo.blog.so-net.ne.jp/2018-01-05「飽きたときこそ私服の制服化!」

 私服の制服化によって、服以外のことに時間を使おうと思ったのですが、私の今の生活においては、あまりうまくいきませんでした。子どもたちもだいぶ大きくなって二人で遊べる時間も多少は増えてきたし、編み物や絵を描けるんじゃないかと期待したんですけど。編み物や絵だと、子どもたちから邪魔が入るたびにイライラしてしまうので、本格的に始めるのはまだ無理そうでした。
 子育て中の趣味としてはファッションが、私にとっては一番平和なようです。

 そこで更なる飽き対策。新規購入は最後の手段です。買ってもいいのですが、あまり物を増やしたくありません。倹約もそうですが、私自身が管理できるものの量はさほど多くないことを実感したからです。断捨離は、入ってくるものを断つ「断」の部分が肝かと。
 また、捨てながら買えば家の中の物の総量は変わりませんが、買い物をすることは環境に負荷をかけます。そういう視点も意識しておきたいところです。
 
 そこで飽きの対策としても、まず減らしてみることにします。今シーズンは、だいぶ母から服を借りていました。手始めに、借り物の服を返却することにしました。気に入って普段着として毎日のように着ていた服もあるので、それがなくなるとずいぶん風通しが良くなりました。
 次に、飽きてきたアイテム、見慣れてしまったアイテムを普段使わないクローゼットに移します。捨てはしません。またしばらくたってから見ると、新鮮な気持ちで使えることもあるからです。(これは、子どものおもちゃなどに使う方法ですね。)
 そして、クローゼットからあまり使っていなかった服を、普段使いのチェストに移しました。あまり使っていなかったものは、今の季節には薄手過ぎるとか、着にくいとか、それなりの理由があるのですが、今は目先を変えることが優先です。

 これでだいぶ新鮮な風が吹き込んできた感じです。新たにコーディネイトを考える楽しみができました。
 ちなみに今日着ているのは、オレンジレッドのセーターに黒のサロペットジーンズ、カーキのソックス。それからチャコールグレーのマフラー。いままでよく使っていた巻物はクローゼットにしまったので、これからはこのマフラーと、チェックのストールが主になるかも。巻物を換えると、ぐっと気分が変わります。

 しばらくはこれで楽しんでお茶を濁しているうちに、新規購入はしなくて済むかもしれないし、これなら絶対欲しいと言うアイテムが定まるかもしれません。それにまだ寒いとはいえ、あと2ヶ月もすれば三月ですよ。買うなら春も使えるものがいいかもしれないと思っています。
 春用のコーデも組んでみようかな。春に向けてのお買い物計画も視野に入れて、今は楽しんでいきたいです。着るものなんてどうでもよくなる鬱気分を、祓いたいのです。




 
 

 
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 

40代・園児&2歳児ママのコーデ記録~カーキ色コーデとまとめ髪~ [ファッション]

 今日疲れている理由のひとつが、昨日の日曜日に夫が風邪をひいて、一人で子どもの相手をしていたからです。年末から体調が悪く、短かったとはいえ4日間の正月休み中ほとんど夫まかせだったので、頑張らねばと思いました。
 そして今朝は、夫の体がどうかと思って、いつもより早起きしたのです。おそらくこれが一番悪かった。怒り爆発した原因です。私は朝が弱く、早起きした日はたいていキレます。あまりにもそういうことが続いたので、わかりました。夫もそれがわかっているので、朝は私を寝かしておいてくれます。子どもたち(特に娘)は早起きなので、夫が朝食を作ってくれるのです。ありがとう。

 日曜日は、さほど元気ではなかったものの、夫がいるので子どもたちを置いて一人でスーパーに買い物に行きました。子ども達がいると、事故のないように、人の迷惑にならないように気を使って歩くので、近所のスーパーにも行きづらい。
 年末からずっとひきこもっていたので、しっかり買い物をして帰宅すると、子どもたちはハイテンションで奇声を上げているし、夫は具合悪そうなので、子どもたちを自転車に乗せてちょっとはなれた公園へ行きました。歩かせるより、自転車に乗せてしまったほうがラクだよね・・・。

 鬱状態から少し躁状態になってきたなとは思っていたんです。だから外出する気にもなれた、このまま元気になれるかもと思っていました。でも思えばまだまだだったんです。ボーっとして青信号を一回やり過ごしました。赤信号を渡ったりしなくて良かったじゃん、と夫からは言われました。
 
 公園で遊んで、図書館で本を読んで、100均で買い物してきました。まだまだお正月気分の街の中、おめかしした人の群れの中を歩いてきました。私もそこそこ楽しんだつもりでした。でもやっぱりこんな年末年始の空気は苦手みたい。

 ちなみにこの日の服は、カーキのベイカーパンツに紺ダッフル、手編みのチャコールのベレー帽、アイボリーにピンクベージュの模様ストール、迷彩キャンバスバッグに黒のニューバランスシューズ。ソックスはスーパーにいったときはカーキ色で、出かけなおすときに白に履き替えました。白の方がいいかと思ったのですが、比べてみるとカーキの方が良かったかな。実は白は、夫のソックス。冷え性対策で重ねるにはちょうどいいので、夫があまり履かないソックスを何枚か借りています。でもやっぱりソックスもサイズが合っているほうがいいね。

 カーキとホワイトが上手くポイントになっていた気がして、そこそこ気に入ったコーデでした。でもうちに帰ってきてがっかり。まとめた髪の毛がボサボサに崩れていました。髪も服もバッチリ決めた人たちの中を歩いてきたのに、まあ恥ずかしい。
 ボサボサ髪は最近特に気になっていました。でも鬱だし、美容室には行きたくないし。まとめ髪を作る本を購入して、1週間ほど練習したのだけど、うまくいかなかった。いくらやり直しても、ハネる、おちる、くずれる。やっているそばからイライラ。本のとおりにできないと、単に普段の髪にダメだしされただけの本。もーう、金返せって思いますよ。



 私の髪質のせいなのか、やり方のせいなのか、もう少し頑張ってはみますけどね・・・。欝のときは何をしても鬱ね。




にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 

飽きたときこそ私服の制服化! [ファッション]

 冬服を着るようになって2ヶ月。手持ちの服に飽きが出てきました。新しい服を買うのもいいけど、こういう気分の時に買っても、次々欲しくなるだけで満足ができないような気がします。買わずに、この飽きの時期をやり過ごす方法を考えてみました。

 まず、一番簡単なのは、「私服の制服化」かなと思いました。このトップスには中にこれを着て、このボトムスを履く、と決めてしまうのです。この前までは、あれこれ組み合わせるのが楽しかったのですが、組み合わせにも限界が来たということでしょう。
 決まった服を着るだけにして、服のことを考えることをやめるのです。生活の中で、服の重要度を下げてしまう。他の事に意識を向けて、他の事に時間を使えばいいのです。そうすれば、飽きたのなんだの言うこともありません。

 幸いにも、2ヶ月間楽しんで着ていたおかげで、着易い組み合わせ、気に入っている組み合わせがあります。ぱぱっと作ってみました。

 ・赤いギンガムチェックシャツ、ネイビーのカーディガン、ジーンズ
 ・水色ダンガリーシャツ、ボルドーのセーター、ベロアテーパードパンツ
 ・赤いローゲージセーター、紺のフエルトの巻きスカート

 平日の普段着は、主に上の二つでいけます。ニットの下はTシャツでもいいのですが、Yシャツも重ねたほうがあったかい。寒かったら、さらにチャコールグレーのカーディガンを重ねます。スカートコーデは外出しない日用。寒い日はこれが一番厚着できます。

 休日のお出かけ用も組みました。

 ・レンガ色のTシャツに茶色のカーディガン、キャメルのワイドパンツに細ベルト
 ・水色ダンガリーシャツに黒のタートルセーター、キャメルのワイドパンツに細ベルト
 ・グレーのセーターにピンクのカーディガン、グレーのプリーツスカートもしくは黒のスカート
 ・グレーのセーターにピンクのカーディガン、カーキのベイカーパンツ

 こうしてみると、飽きが来たというより、実験が終わってコーデが定まってきたとも言えそうです。そして、差し色として楽しめるピンクのカーディガンは、やっぱり繕い直したほうがよさそう。上手くできるかなぁ。まあ、なくてもいいですけどね。
 もう、明日からは最初にあげた2パターンで考えずに行きます。平日用のを一週間に2回着て6日分、あと1日は休日用4種類から選べます。
 いままでもよく着ていて「飽きた・・・」と思う発端だったコーデだけど、「これにする!」と決めてしまえば、「これしかない・・・」という気分から抜けられるのではないでしょうか。なんだかもう、「これしかない・・・」気分から「私にはこれがある!」「こんなにある!」という気分になってきましたよ。





にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

40代・園児&2歳児ママのコーデ記録~似合う茶色を見つける~ [ファッション]

 新年3日目、今年はお正月休みが少なかった夫の、お休み最終日。すっかりひきこもり気質復活な私は、外出したくなかったけど、このままではいけないと、子どもと夫のお出掛けについていきました。近くの神社に初詣。
 私はクリスチャンホーム育ちなので、初詣にはほとんど行ったことがありません。母がかなり初詣には抵抗を見せていました。私も独身時代には平気だったのですが、今年子どもを連れて行くときに、ちょっと不安な気持ちになったのはそのせいでしょう。子どもたちにとっての宗教的バックボーンをどのようにしたらいいのか、これでいいのか、そんな考えがよぎったのです。
 でもそれは、私の子ども時代からの呪縛かもしれません。とにかく今は、ひきこもり気分復活を阻止しなくては。

 そんな初詣コーデは、私のパーソナルカラーに似合うのではないかと以前組んだコーデ。赤のギンガムチェックシャツに、茶色のカーディガンをキャメルのワイドパンツにインして、茶の細ベルト。赤いマフラーをして、アウターはチャコールの中綿コートと、靴は黒ニューバランス、バッグは黒のマザーズバッグ。それからチャコールの手編みのベレー帽をかぶりました。
 なんか、イマイチ野暮ったい格好だったかなぁと思います。まあでも、鬱っぽいのでどんな格好をしていたとしても、失敗気分になったと思います。

 初詣のあとはカフェでお昼ご飯を食べて、子どもたちはキッズコーナーで遊び、忘れ物を取りに帰った夫と合流したあとは、私一人でブラブラさせてもらいました。
 その日が茶色コーデだったからか、茶色の服が気になりました。私のパーソナルカラー、スプリングタイプに似合うベーシックな色は、ベージュとブラウン。でも私、ベージュは顔がぼんやりして似合わないような気がするので、ブラウンがベース色としては最適なのかなと思います。ところが、ブラウンには苦手意識が。なんか顔色と同時に気分も沈むんですよね・・・。

 でも、濃い目のオレンジに近い明るいブラウンならイケるかも!それを確かめるために、アレコレ顔にあててみました。流行なのか、けっこうあるのね、オレンジブラウンの服。これもいいな、あれも大丈夫、そんな服を何枚も見つけました。
 中でも、ゴールドのラメが入っているセーターがあって、あれは欲しいなぁと思いました。茶色を着る時はゴールドと合わせて土っぽさを消すのが良いそうですが、小さい子どもがいるとアクセサリーはつけにくいので、ラメが入っていたらいいのではないかと。ただラメ入りだけに、肌触りがイマイチだったのですよね・・・。

 あと、骨格診断ウェーブタイプにはファーが似合うとか。ファーはあまり好きじゃなかったけど、そんなに似合うといわれると気になります。これもベージュより、明るいオレンジキャメルみたいな色が良さそう。ただ40代のファーって、貫禄が付きすぎない?大丈夫?

 以前から、オレンジ系の茶なら良さそうだと思っていましたが、今期の無印良品のTシャツにそんな色がありました。色名はレンガ。同じこげ茶色のTシャツは持っていて着心地は気に入っていました。春に向けてもう一枚あってもいいなぁと思っていたのですが、お正月セールなのか半額になっていたので、買ってしまいました。
 この日に着ていた、茶色のカーディガンと合わせると、華やかさが少し加わる感じがします。この日のコーデの赤のギンガムチェックシャツよりいいかも。さすがにこのシャツは子どもっぽいかなぁという気がして、断捨離候補に再浮上してきました。 

 冬服を着るようになって2ヶ月ちょっと、手持ちの服にも飽きが出てきた感じがします。ここをどう乗り越えたらいいのかなぁ。気持ちも下がり気味だし、新しく買ってもいいけど・・・。飽きたり、気持ちが下がるたびに買う習慣も改めたい気もするし。とにかく低迷気味な今の気分、上手くやり過ごしていきたいです。
 


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 

40代・園児&2歳児ママ 年始のコーデ記録~年末年始は優しげ色で~ [ファッション]

 体調が優れず、家の中から出なかった年末、夫が休みに入った大晦日には、私はすっかりダウンしてしまいました。迎えた元日も、ぼーっとしてました。すっかりひきこもり気質が戻ってしまったかんじがします。鬱っぽさもあってこれはマ・ズ・イ。
 2日には親戚と食事するために出かけました。3日も、このままひきこもり気分でいてはいけないと、外出しました。気持ちを上げていかなきゃね。でもなんか、鬱々とした気持ちが抜けきれずにいます。
 もともとひきこもりなので、その気質を押しのけるために、ファッションに意識を向けてきました。着るものなんて、どうでもいいや・・・出かけたくないし・・・。そう思う気持ちがあるからこそのオシャレ。ここが正念場のような気がします。

 どうしても出かける必要があった親戚との会食の2日。いつもの格好でも別に良かったのですが、ちょっと気張ってみました。
 秋に買った「VERY」に、年末年始は白・グレー・ベージュ・ピンク・ペールブルーなど優しげ色で、という特集がありました。よし、家にあるもので真似てみよう!
 ライトグレーのプリーツスカートにグレー系のタイツ、グレーのハイゲージニットにピンクのカーディガン、首元はアイボリーにピンクベージュの模様のあるストール。バッグはミントグリーン、靴は黒パンプス、アウターは紺ダッフルだったけど。最近とんと着ない優しい色コーデにしました。

 ピンク色のカーディガンは母のもので、私も2、30代の頃借りてよく着ていました。これ、母が若い頃から着ているもので、ひょっとしたら50年以上前のものじゃないかと思うのですが、ベーシックなので使いやすいです。ただもう襟ぐりがほつれていて繕ってはあるものの、かなり酷い状態。以前から繕い直してみようかなどと思っていたのですが、うまく出来る自信もなく手が出せずにいました。それを今回は、ストールで隠すことに。室内で暑くなってもストールは外せません。
 このストールも母のもの。顔にあてても似合う気がしなかったので、借りたことはなかったのですが、今回は出動。使ってみたら、そう悪くもないんじゃないの・・・という気がしました。またお借りしてみよう。

 気持ち的には、とてもパンプスなんて履く気分じゃなかったんですけどね。シルバーのオックスフォードシューズもこのコーデに合っていた気がしましたが、他に履く機会もなさそうだし、黒パンプスを履きました。気分はまだ低迷中なものの、たまにはこんな格好もいいんじゃないかと思えたコーデでした。







にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ファッション ブログトップ
メッセージを送る