So-net無料ブログ作成
検索選択
ファッション ブログトップ

レースアップパンプスの行く末 [ファッション]

 お正月の前後だったと思います。レースアップパンプスを買いました。
 私が、レースアップパンプスなるものに初めて出会ったのは、「ヒルナンデス」のファッションコーナー。これはいい!!と思いました。何がいいって、ひもで足に結び付ける履き方。
 
 私の足は、甲低幅狭。かかとも細い。履けるパンプスは皆無と言っていいほどなんです。憧れはあるのでたまに買うものの、ほとんど履けずに痛みのあまり処分してきました。
 でも、ひもで縛ってあれば、脱げない!これはぜひ、流行っているうちに履きたい!
 テレビの前で思ったのだけれど、0歳児の育児中、オシャレ靴なんかに意識が向かうはずもなく、時は過ぎたのでした。

 そして、るーさんが1歳を過ぎた頃、セール中のレースアップパンプスに再会したのです。
 憧れのポインテッドトウ。育児中も履きやすいヒールなしのペタンコ。
 ・・・買ってしまいました。ちなみに色は黒。
 そりゃ、スニーカーに比べたら違和感はあるけれど、本物のパンプスのように痛くない。横幅はガバガバなので、足にはよくないでしょうけど、紐のおかげで脱げない。そして尖がったトウでオシャレしている気分になれる。週に1回、日曜日に履くのを楽しみにして、履いていました。

 ところが2017年春、レースアップパンプスの流行は終わるんですか?そんなウワサ?ホント? 
 でもね、履きたいんですよ、私は。痛くなく履ける、女性らしい靴なんですよ。
 履きます。
 
 流行遅れかもしれないけど、だからこそ自分らしく使えるのかも?
 もともと、冷え性でストッキングを履きなれない私なので、靴下で履いていました。ジーンズとか、プリーツスカートと合わせて。ちょっとダサ目な外した使い方っていうのかな。それが、自分の気持ちにも履き心地的にもフィットしていたんです。
 あくまでも自分軸で、ファッションを楽しんでいきたい。レースアップパンプスも、まだまだ楽しみます!


にほんブログ村


40代ファッションランキング



 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション
ファッション ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。