So-net無料ブログ作成
検索選択
幼稚園 ブログトップ

ツンデレちーさん [幼稚園]

 今日はちーさんを、久しぶりに預かり保育に預けました。
 夏休みの前半は、週に2~3回は行っていたのですが、私が送り迎えに疲れ果て、しまいには精神的にやばいところまで・・・。そこで後半は行かずにひたすら家でゴロゴロしてました。最初からこれでも良かったのかも。預かり保育以外にも、どこか連れて行ってあげなくちゃと頑張りすぎました。
 今日は預かり保育最後の日で、ちょっとしたイベントがあるので行くことにしました。ちーさんも緊張はあるけど、やっぱり幼稚園は楽しいらしいです。

 来週からは、預かり保育ではなくクラス活動が始まります。
 そのことをちーさんに伝えると「行かない!!」と即答。
 「幼稚園バスも始まるよ」と言うと「行かない~~!!」。でもだんだん口元がにやけてきて・・・ぐふふふ。
 うれしはずかし胸がドキドキで本気でツンツンしちゃうんですねー、ちーさんは。

 思えば、ちーさんのこの性格、赤ちゃんの頃からありました。「くっついた」という絵本があるのですが、最後にお母さんと赤ちゃんがほっぺをくっつける場面があります。それまでのページは楽しく読んでいたのに、最後の場面だけは嫌がる。私がこの本嫌いだからかなーとか思ったり、よくわからなかったのですが、今思えば、照れちゃってたのですね・・・。
 それからパパが出掛けるときなど、かたくなにバイバイをしない。何ヶ月目かの健診の質問項目で「バイバイをしますか?」というのがあり、NOに丸をしたら「バイバイしないかー」と先生に笑われました。別れのときに手を振るものだというのは、わかっているようなのですが、しない。
 それは現在でも続いていて、毎朝パパにいってらっしゃいをするのに、かなりの心理的抵抗を見せております。ものすごーく、照れくさいらしいです。

 何かにつけて、こんなかんじのちーさん。めんどくさいけど仕方ない。そのうち何とかなるかなーと思ってます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏休み前の“ドラマ” [幼稚園]

ちーさんの幼稚園生活、一学期が終わり、夏休みになった。
毎日、ちーさんが幼稚園に行ってくれることがありがたかった。
かまってちゃんのちーさんに疲れ果て、幾度となくブチキレた3年。数時間でも、ちーさんとはなれていられる生活は夢のようだった。たとえ、背中に8キロのウエイトがおぶさっていても。

7月のはじめ、もうじき夏休みと気が付いて、40日間もどうやって過ごそうとうろたえた。人は楽なことに慣れるのは早いものだ。
ところが、事件が勃発したのである。あんなに緊張して送り出していた幼稚園生活にも慣れが出て、気が緩んでいた。突然の発熱で休んだあとで、熱が下がってホッとした気の緩みもあった。もうすぐ夏休みということで、不安と同時に、やっぱりこれも気が緩んでいたのだろう。
持たせるべきものを持たせなかったのである。

ひどく、ひどく、ひどく、トラウマが刺激される事件だった。
それでも、事後処理としてやるべきことはやった。やれるだけのことはやった。そして夏休みの今日に至るのだが。
表面上は穏やかにしている。しかし、一度刺激されたものは、そう簡単には収まらないようだ。ずっと痛みが続いている。

妊娠時から恐れていたフラッシュバック、幼稚園や学校に再び関わらなければならないことによる、痛みの再発である。
何とかやり過ごしてきた一学期の末に、それがやってきた。どうしたらいいのか。

幼稚園では夏休み中も、預かり保育をしてくれる。
ちーさんと過ごす40日に自信もなかったので、しっかり申し込みはした。
一方で、もう幼稚園には関わりたくはないのである。幼稚園も学校も、来学期はおろか、もう未来永劫関わりたくはないのに。
どうするんだ。

エンドレスで過去のことがよみがえって、思い出されてくる。
止めればいいのだ、止めればいいのだ、たぶん。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
幼稚園 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。