So-net無料ブログ作成
検索選択

チャレンジ!有機野菜生活 [日記]

今日は、るーさんと二人で買い物に行ってきました。
ベビーカーで出発したら途中で泣き出したので、よっぽど帰ろうかと思いましたが…。
だっこ紐(愛用のエルゴ)で敢行。

自然食品店で有機野菜を買ってきました。
やっぱり高いんで、買うのに緊張しました。
自然食料品店より、地場野菜を売っているお店のほうが安く買えそうな事が判明。
見た目は家庭菜園のものみたいで見栄えは悪いですが。一応、農法にこだわって作られているものらしいです。
自然食料品店のは、芸術品みたいにきれいだったりします。
同じフロアにあるスーパーの赤札を目にしながら、高いお野菜を買うのは、ケチな私にはかなり辛かった!
でも、ちょっとお試しのつもりで有機野菜生活してみます。

買わない生活を目指していると言うのに、今日は100均にも寄ってしまいました。
壁面にくっつけるフックと靴の中敷を購入。
それから、手芸洋品店でプラスナップを買いました。
靴の数を減らしたり、子供のものを手作りしたい野望を手放せば、買わずにすんだはずのものなんだけど…。もう少し悪あがきさせてください。

nice!(2)  コメント(0) 

はじめての“ダメ” [日記]

私は、“ダメ”という言葉を、
なるべく使わないで、子育てしていきたいと考えている。

今日、初めてちーさんに“ダメ”と言ってしまった。
厳密には初めてではないかもしれないけれど、言っちゃったと気づいたのが初めてだった。

ちーさんと本屋に行った。
絵本を選ぶときは、ちーさんにさらっと見せて読み聞かせて反応を見ている。
そうしていたら、本に挟まっていた読者アンケートはがきが、ぱらりとちーさんの上に落ちて、
ちーさんがそれを握った。最近握る力の強いちーさん。
ハガキがくしゃくしゃになる前に取り戻さなくては…
ダメ!
とっさに口から出てしまっていた。

そんなに強く言ったわけではないし、取り立ててどうということもなかったのだけれど、
無意識に自分の口から飛び出した“ダメ”に、私が動揺してしまった。

命にかかわるほどの危険や重要なことでない限り、“ダメ”という強い否定は使いたくない。

この前、私は、同居している母に対して強く“ダメ”と言ってしまったことがあった。
太り気味を気にしている夫に、母がおかわりをよそおうとした時のことだ。
私の強い口調に、夫も母もびっくりしていた。
思わず知らず出た“ダメ”だった。

うちには猫がいるけれど、猫に対しても“ダメ”とか“コラ”とか、言ってしまう。
こういう習慣を直したいと思っていた。
普段使っていれば、ちーさんにも言ってしまうにちがいないから。

そんなに神経質になることはないということもわかっている。
でも、誰に対しても言っていい言葉とは思えないから。
習慣からして、直していきたい。


ふつうに、「放してね」って言えばよかっただけなんだ。



雨の中のベビーカー [日記]

今日のちーさんは、拍子抜けするくらいよく寝ます。
なぜ拍子抜けかといえば、昨日は早朝からグズグズの多い日だったからです。
今日は、ぐずったら早めに抱っこひも…にしているからかもしれません。

昨日、注文していたレインカバーとベビーカーシートが届きました。
早速取り付けてみたのですが、そこでやっと気がついた。
レインカバーって押す人はどうするの?
片手で傘?レインコート着るの?めんどくさいな…。
夫は平気でベビーカーを片手で押せるけど、私はいまひとつできません。
そこでけっきょく雨の中、抱っこひもで散歩に出ました。

ところが昨日のちーさんは、その程度の散歩では満足しなかったのか、
夜が近くなってもグズグズギャンギャン。
やむにやまれず、スタンバイ完璧なベビーカー出動となりました。
私は片手に傘だけど、車の通らない遊歩道を選んだから、問題なく行ってこられました。

今日も同じコースを、レインカバーで散歩してきました。
ちーさんも快適そうだし、便利便利。これで雨の日のぐずりもこわくありません。
まぁ、昨日は散歩から帰ってもぐずっていたのですが…。


ちなみにレインカバーは、対面背面の切り替えが装着したままできるというものにしました。


簡単切り替え 両対面式レインカバー



あの子はいずこへ [日記]

最近のちーさんのかわいいところ。
自分の服を握って引っ張る。
けっこうな力で。

夏の家着はコンビ肌着でいいかと思っていたのだけど、
コンビ肌着の2、3コのスナップくらい、簡単に外れてしまう。
外れたところを、さらに自分でたくし上げて、おへそが見えるよ。

ずいぶん暑くなってきて、せっかく買った長袖服たちが着れなくなるね…。
秋になる頃には、サイズアウトしているんだろうなぁ。
育つのは嬉しいんだけど、さびしいよー。

生後1、2ヵ月の頃は、いつも思っていました。
このまんまがいいのにー、今がいちばんかわいいー。
もっとゆっくり育ってくれていいよって言っていたのですが。
願い空しく、あっという間に生まれたてのかわいいちーさんはいなくなってしまいました。

今のちーさんはもちろんかわいい。
でも、ひと月ごとに別人になってしまうちーさん。


この前、ガマンしていたかわいい50―60サイズの2ウェイドレスを買ってしまいました。
すぐ着れなくなるってわかっていたのに。
今を逃したら、もう一生着れないんだと思ったら、買わなかったらずっと後悔しそうで、
惜しくないような気がしちゃって。


(チャックル) chuckle *スウィートガール*お姫さまBABY新生児肌着6枚セット【通年素材】 カラーなし 50-60cm P6015E-00-20(チャックル) chuckle *スウィートガール*お姫さまBABY新生児肌着6枚セット【通年素材】 カラーなし 50-60cm P6015E-00-20
()
chuckle(チャックル)

商品詳細を見る


もうこんな新生児肌着も買えないんだね。


初めての父の日 [日記]

先月の母の日に、夫がカーネーションをくれました。
鉢植えのカーネーションは、もう花をつけなくなってしまったけれど。
うれしかった。
そこで父の日にもささやかながらプレゼント。

特撰 黒松 剣菱 1.8L 1本特撰 黒松 剣菱 1.8L 1本
()
特撰

商品詳細を見る


飲みすぎも推奨できないので小瓶ね。私もご相伴に預かれないのが悔しいし。ゴメン。
剣菱というこのお酒、赤穂浪士が討ち入りの前に酌み交わしたといういわれのあるお酒なんだって。
なんとなく選んだだけだったのに、喜んでくれてよかった。


なんだか最近、夫とズレがあるような気がする。最近というか、ちーさんが生まれてから。
でも以前からそんなズレはあった気がする。
ただ以前は許容できていたズレが、疲れているために許容できなくなってきているということかもしれない。
昨夜はそんな話もすることができた。

ちーさんのいることは喜びだけど、やっぱり疲れる。
夫の仕事は最近忙しいけれど、以前のように家に帰ってのんびりすることもできない。
私も夫が帰ってくるのは嬉しいけど、その嬉しさは、
ちーさんの相手してくれる要員が帰ってくるという嬉しさが先に立ってる気がする。
仕事疲れでテンションの高い夫に、イライラした気持ちになったりする。

ちーさんがいると、いままでのようにはいかない。
お互いに、今までとは別の形で疲れを取る方法を開拓しなくてはと思う。
子どものいる夫婦、みんなどうしているんだろうなー。





ベビー服 [日記]

出産準備で用意したベビー服。

短肌着・・・6枚
コンビ肌着・・・5枚
ツーウェイオール・・・5枚
フリースベスト・・・1枚

その他、編んだものいっぱい。

短肌着はコンビミニで4枚。
それは無地だったので、夫が選んだウサギちゃん柄とストライプ柄の2枚。
コンビ肌着は、コンビミニが2枚と、リサイクルショップで3枚購入。
一枚は70センチまで着られる大きいのだったので、今はまだ出番が少ない。
夏用にいいかなと思ってます。
ツーウェイオールはイオンで2枚。西松屋で3枚。

ベビー用品店には、いろいろ行ってみたかったけど、ベビザらスや赤ちゃん本舗はちょっと遠くて、
わりと近めの西松屋へは、夫の車で何度か行きました。
西松屋の衣料品はネットで不評なのは知っていたけれど、つい買ってしまいました。
そして今、不評の理由を体感してます。
3枚買ったツーウェイオールのうち、すでに1枚は毛玉だらけ、1枚は薄切れっぽくなって、
サイズアウトはしていないのに、ちょっと着せたくない感じになりました。
毛玉になっちゃったやつは、気に入っていたのに残念。
フライス素材っぽいもう1枚は大丈夫で、作りも大きめなので、70センチくらいまで着れそうです。
柄物短肌着も西松屋ですが、日本製のものだったからか、まだ大丈夫そうです。
ちなみに2月生まれだからと買ったフリースベストは、ほとんど出番なしでした。
自分で編んだ綿のベストでよかったです。フリースは大きめだし次の冬に着れるかな。

妊娠中は、ベビー服はすぐ着れなくなるというし、お安めにしておこうと思っていました。
かわいいベビー服は見ているだけでテンション上がって、歯止めが利かなくなりそうだったし。
でも生まれてみると…ベビー服は何より気に入ったものがいい!と思うようになりました。
すぐに着れなくなったとしても、写真には半永久的に残るし…。
何よりかわいい服を着た姿にテンションが上がることが、子育て生活の励みで癒しでご褒美です。
今は、少しブレーキ緩めて、ベビー服を買うのを楽しんでます。

P1000570.jpg
nice!(0) 

胎児ネーム [日記]

胎児ネームは「ちびたん」でした。
むかし夫が飼っていた猫の名前。
夫と初めて交わした会話が、その猫の話だったので。
猫好きキッカケでした。

その後性別がわかり、女の子であることに慣れようと、
私は「ちび子」と呼ぶように。

そして生まれて…、なかなか戸籍上の名前が決まりませんでした。
そこでなんとなく、お腹の中から出てレベルアップしたちびたんを、
「ちーさん」と呼び始めました。

生後2週間、なんとか期限までに名前を決めることができたのですが、
自分達でつけた名前を呼ぶことが、なんだか照れ恥ずかしくて、
夫と私は「ちーさん」と呼んでいました。

生後3ヶ月。今では本名や、それにちなんだ愛称で呼ぶことにも慣れてきましたが、
「ちーさん」も思い出深い愛称。ブログタイトルにしてみました。
このブログでは、「ちーさん」と呼ぼうと思います。

P1000644.jpg
nice!(0) 

生後3ヵ月になりました [日記]

2013年(平成25年)2月7日、女児を出産しました。

子どもはスクスク、私はドキドキ、怒涛の3ヶ月が過ぎ、
生後101日を迎えた昨日、お食い初めをしました。

お食い初めは、その子が一生食べるに困らないようにという願いとともに、
一人前の人間として家族に迎えられると言う意味があるということです。
まったくそのとおり、それまでは別世界からやってきたばかりの、半分別世界の人だったのが、
3ヶ月になる頃から、この世界の人っぽい時間が増えてきたように感じていました。
それはそれでさびしいけれど…仕方がないわね。

3ヶ月過ぎて、子どもとの生活にも少し慣れてきたので、ブログに記録を残してみようと思います。
nice!(0) 
メッセージを送る