So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

母の日のご機嫌は? [他の家族]

 ゴールデンウィークから、ずっと疲れていました。5月に入って、幼稚園の用事も増えてきて憂鬱。
 でも今日は、ちょっと元気になりました。ときどき行く小さな動物園で、乗馬してきたんです。
 
 乗馬には憧れがあって、私は馬が好きです。いつもは大人は乗れないんだけど、今日は母の日にちなんで特別に乗れるとのこと。ほんの短い距離だけど、お馬に揺られてテンション上がって、ちょっと元気になったんです。やっぱり動物に触れると癒されるようで。ありがとうございました、母の日。

 昨日は、一日子どもたちと過ごしてぐったりしていたところ、夫がカーネーションをくれました。
 まさか、まさか、この私が、母の日のカーネーションをもらうようになろうとは、10年前、20年前の私には想像もできなかったことでしょう。そう思うと、いまだにこれが現実とは思えない気分になります。

 ゴールデンウィーク明けに帰ってくるかもしれないといっていた私の母は、まだ帰って来ていません。別居生活継続中です。母がいないことのメリットが大きいので、ホッとしているような、不気味なような。
 今夜あたり、連絡を入れてみましょうか。母の日のご機嫌伺いということで・・・夫に頼んで。

 母との連絡は、夫に頼ってます。ごめんよ。私が声を聞きたくないし、私と会話すると母がどう出るかわからないし。母は素直で単純なのだけれど、その出方たるや変則的でよくわからないのです。ヘンに刺激して、やぶ蛇になったら困る。

 こう書いていて思うのは、夫に感謝しなきゃなということ。ありがとう。来月の父の日は、何かしてあげようね。父の日スペシャルで乗馬もできそうだけど、それは夫が喜びそうにありません。ちょっといいお酒でも買っておきましょうか。


アダルトチルドレンランキング


にほんブログ村



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

母がいないとタケノコのアクも上手くぬける [雑感]

 夫の親戚からタケノコを頂きました。夫がアク抜きをしてくれますが、以前頂いたときは、エグみが上手く抜けないまま料理しました。私と母は、タケノコってこんなもんだろうとバリバリ食べていたのですが、たいていのものはなんでも食べるはずの夫は食べられず・・・。

 今年は、私の母が留守です。3本のタケノコを、やっぱり夫が下茹でしてくれました。そして、めんどくさがりの私はお湯につけたまま放置。水につけるほどアクが抜けるらしいので、気温がさほど高くないのをいいことに、使うだけ出して調理し、使わないものはそのままにしていました。それがよかったのか、今年はエグみもなく美味しく頂きました。

 思えば、せっかちの母がいると、さっさと水から出して、早く料理しろのプレッシャーが強い。もしくはさっさと母が調理したものを食べるハメになる。いや言い方悪いですが、タケノコに限らず母の料理は非常に・・・。
 そんなアク抜きの待てない母の作ったタケノコ料理に慣れていた私は、タケノコなんてこんなもんと思って食べていたのですね。
 毒親家庭に育つと、それが当たり前なので、疑問も持たないで毒にあてられっぱなしになるのに似ています。

 美味しくできたタケノコ料理は、普通の煮物と、塩炒め、カレー炒め、メンマの4種でした。でも、子どもたちはほとんど食べなかったです。なにしろちーさんは、新しいもの珍しいものが苦手、食べてくれるとは期待していませんでしたよ・・・。

 そして最後のメンマを作って冷蔵庫に入れ、GWに突入。ゴールデンウィーク早々に夫の実家へ帰省し、そして自宅に帰ると、再びタケノコ3本が届いていました。
 お気持ちはとっても嬉しいんです。でも疲れて帰って、再びタケノコ3本を調理することを考えると厳しかった。夫が下茹でしてくれるとはいえ、子どもたちが食べない料理を1週間くらい作り続けなくてはならないわけで、ちょっと涙出る。

 母がいれば、顔の広い母があげたい人に差し上げるところですが、ひきこもりの私に近所づきあいなどあるわけもなく。そこで夫の同意を得て、玄関先にご自由にお持ちくださいの張り紙とともに出しておきました。するとほどなく、小学生の一団が通りかかりワイワイやっていたかと思うと、数時間後にタケノコはきれいに消えておりました。夫はちょっと残念そうだったので、悪かったなと思いましたが・・・ゴメン、めっちゃ疲れてたの。

 思えば、この「ご自由にお持ちください」に私は憧れていました。仏教の言葉で「喜捨」というのがあるそうです。改めて意味を調べてみたら、いろいろ意味があるようなのですが。
 私は四国の遍路道近くに住む人が、お遍路さんのためにちょっとした食べ物や休憩場所を提供することを日常的にやっているということと、「喜捨」という言葉を結び付けて覚えていました。

  今回の帰省では、事故もなく、子どもたちも元気で無事帰ってくることができました。それだけでも感謝です。その感謝の気持ちを込めて、憧れの「喜捨」をさせてもらいました。
 母がいないと、アク抜きも上手くいき、顔も知らない人にお裾分けという夢も叶ったという話でした。


断捨離ランキング


にほんブログ村


 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

私の歩きたいアラフィフへの道 [雑感]

 街中で、すごく素敵な女性を見ました。50代前後と思われる優しげなご婦人で、きれいでオシャレな服装をなさっていました。ファッション指南の本から抜け出てきたみたいでした。
 ちーさんとるーさんをママチャリに乗せて爆走中だったので、本当に一瞬目に入っただけですが、あまりに素敵だったので印象に焼きつきました。けれど、何か心に引っかかるものがあったせいかもしれません。この違和感はなんだろうと、しばらく考えていました。

 私は今41歳。おしゃれも楽しい。アラフィフでおしゃれな着こなしをしている女性は、当然目指すべき存在のはず・・・。でも、果たして私は10年後、そうなっていたいのだろうか?そう考えたとき、おしゃれよりフォーカスすべきものがあると感じました。

 小さい子どもを育てている今、目の前に次々現れる課題をこなしていくのが精一杯な毎日。つつがなく毎日が回っていくように、物を減らし、家事を考える。
 けれど10年後、今より子どもたちに手がかからなくなったら。私はどうなりたいんだろう。

 私が「ミニマリズム」の考え方に出会ったのは、ファッションブログを読みあさっていたときでした。
 ファッションってなんて楽しいんだろう、しみじみ思います。でも、久しぶりに40代ファッションのブログランキングを見ていて思いました。私の行きたいところはここじゃないみたい。
 ミニマリズムの「ミニマル」とは、自分にとって本当に大切なもの以外をそぎ落としていくこと。そうすることで、大切なものをより大切にできる。自分にとって大切なものとは何か、それを知らなければ。

 おしゃれは本当に楽しくて、わくわくします。だからこれからも楽しんでいきます。でも50代になる頃には、もう少し別の境地にいたい。
 今はまだ、おしゃれなどせずひきこもっていた若い頃の思い残しを、満たしたいのだと思います。けれどあと10年、50代になる頃には、へんな言い方ですが、オシャレであることにもう少し無頓着になっていたい。ファッションやオシャレであることに、もう少し距離をおきたい。断捨離の「離」です。
 素敵に見られたい、カッコよく見られたい見栄、他人にどう見られるかを気にする他人軸の考え方、そんなものから自由になっていたい。流行も、他人の目線もどこ吹く風で、生きていきたい。

 私の目指すのは、そんな50代なのかもしれません。だからこそ今は、若い頃の思い残しに向き合いつつ、しっかりオシャレを楽しみたいと思います。そうやって楽しんで行くのが、服装に頓着しない50代への道のような気がするからです。


40代ファッションランキング


にほんブログ村


 

 

 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 

靴とココロの関係 [雑感]

 失敗したかもしれません。そう思って、悲しくなりました。
 足幅が狭く、パンプスの履けない私ですが、ついに憧れの靴を買ってしまいました。普段の私からしたら、べらぼうに高い買い物でした。ネットショッピングでセミオーダーのその靴が、出来上がってもうじき届くのです。
 でも、改めて注文を見たら、ちょっと幅狭すぎない???これ、届いてもはけないんじゃない???

 甲低幅狭足で、合う靴がないこと。それは私にとってコンプレックスと言えるかもしれません。
 外へ出るための「靴」というアイテム、私にとっては象徴的な意味を持つのかもしれないと思います。
 合う靴がないから外に出られないという、ひきこもりの私の言い訳。合う靴があれば外に出られるのかも、普通の人と同じように振舞えるのかもという、根拠のない期待。
 だから私は靴を買ってしまうのです。

 今回、驚くほど高い靴を買ったのは、外に出て行きたいという希望の故かもしれません。そしてサイズ選びに失敗したのは、外に出ることへの怖れの故。無意識に履けない靴を選んだのです。
 せっかく外に出る気持ちになったのに、まだまだこんなに恐れがあったとは。悲しいです。でもそれはまだ、過渡期だと言うだけのこと。

 靴が届いて、履けなかったら伸ばしてもらえるらしいし、作り直しもしてもらえるらしい。お金は倍かかるかもしれないけど・・・。必要経費かもしれない。足のためでもあるし、心のためでもある。
 一方で、「靴」に象徴的な意味を持たせすぎているとも思います。合う靴がなくても、恐れを克服することはできるはず。靴を言い訳にしないで、靴は靴に過ぎないのだから。いくら靴をそろえても、対人恐怖や社交不安がなくなるわけではない。

 とくに「パンプス」という靴は、私にとって、ちゃんと社会生活できている女性のイメージです。パンプスを履きこなす女性=社会に適応している女性というイメージを、あの靴に投影しているのです。だから、パンプスに憧れ、パンプスが履きたかった。
 結婚して、子どもを生んで育てて、やむにやまれず外に出るようになり、ほんの少し自信がついたのかもしれません。次のステップは、もっと社会に適応したいということ。堂々と自信を持って、大人の女性として。
 でも、物じゃないんだよ。パンプスを履いてなくても、ちゃんと社会に適応した大人の女性になることはできるし、パンプスが履けたからってそうであるとも限らない。すべては私のイメージ、私が意味づけているに過ぎないのです。

 靴の悩みから自由になりたい。
 外に出掛けること、人と関わることへの恐れから、自由になりたい。
 少し前に社交不安についての本を買いました。
 


 ひきこもるという「回避行動」を、なるべく少なくしていこう。
 「買う」という行動をした自分を認めよう。たとえ失敗という経験であっても、買わないという「回避」をしなかった自分を認めよう。あの高い靴を買うことは、私にとっては少なからず社会に適応したいという夢であり勇気だったのだから。
 ちなみに今回の買い物、自分の貯金から出しました。昔、ほんの少しやったアルバイト代、ほとんど使わず貯めていました。靴のサイズが合おうが合うまいが、この経験が良いものとなりますように。すでにいろいろ気づかせてもらいました。

 
アダルトチルドレンランキング


にほんブログ村


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ホットスポット片付けと小さな模様替え [断捨離]

 今日は、ホットスポットを片付けました。ホットスポットとは、常に散らかりがちな場所のこと。うちでは、おもちゃの棚と、幼稚園の書類やガムテープなどの入った廊下の棚がホットスポットです。

 最近、おもちゃは片付けても片付けても散らかるので、ほとんど無視していました。イライラしたり、疲れたりするよりは、無視。でも、廊下の棚を整理し始めたら、おもちゃの棚と廊下の棚を入れ替えてみたらどうかと思いつき、両方やることに。
 おもちゃ棚に使っていたカラーボックスと、廊下の開き扉の中で使っていたかごラックを入れ替えました。これでいいかわからないけど、しばらく使ってみます。

 ホットスポットは、本当は毎日片付けなきゃいけない場所。だからこそ、ホットスポットという名称をつけて注意を喚起するわけで。
 扉のある棚と言うのは、つい何でも詰め込んでしまいがち。そして、長く放置してしまう。棚を入れ替えたことで、気持ちも新たに片付ける意識を向けて習慣にしたいです。

 廊下の棚で特に困っているのは、裁縫関係の道具。収納場所が定まらなくて、廊下だけでなく、あちこちにある状態です。この前は、使いたいときに出てこなくて困りました・・・。すぐ使いたいから、あちこちに置いてしまう、悪循環。使った後も、さっと片付けたいから、ひとまとめにして廊下の扉の中へ・・・ということばかりです。

 また、文房具も使いづらい。夫も使うので、しまいこんではいけないし、子どもたちがいたずらしないよう小引き出しに入れて、高いところにあるのですが、雑多になってしまいがち。ここもあとでちょっと整理しておこう・・・。
 裁縫道具と文房具は、収納場所を要検討です。

 その他、今日やったこと。
 はめごろしの出窓があるのですが、そこのカフェカーテンを取り除いてみました。窓の外に見えるのは、隣家の壁。それがイヤでカーテンをかけていたのですが・・・取ってもいいような気持ちになったので。
 窓枠に置いてあった写真立てと、インテリアの本に載っていた物に似ていたので買った、数字の飾りも撤収。写真立てには、今は亡き愛猫たちがいました。寂しくなったら元に戻しますが、しばらくこれで暮らしてみます。

 春になってみると、カーテンっていらないのかな・・・という気持ちになります。でも寒い冬や、暑い夏のことを考えると、やっぱり必要なのかな。防犯上もあったほうがいいのかな。
 とりあえず、開けられるカーテンは全部開けてみました。隣家が近くて暗い我が家のリビングがイヤでならなかったけど、全部開ければちょっとは明るくなりました。ひきこもり気質の私には、窓の外の景色が開けていない、人目がないというのは、ありがたいことでもあるのです。ありがとう。

 
断捨離ランキング


にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 

GW帰省前に捨てるべきもの [他の家族]

 これまでもゴールデンウィークやお盆などに、夫の家族に会いに行きました。対人恐怖と社交不安の強い私、さらに育児疲れもあって、非常にプレッシャーを感じていました。
 でも育児疲れがかえってよかったのかもしれません。目的をシンプルにできたのです。
 夫の親、お義父さん、お義母さんに、孫の顔を見せること。
 はっきり言って、帰省の目的はそれだけなのです。

 プレッシャーで鬱になりそうだったら、子どもの顔を見せることができたらすべて良し!と言い聞かせてやり過ごしました。
 そして帰宅後も、もっと上手く立ち回れたらよかった、もっと気の聞いたことが言えたら良かった・・・などとくよくよしそうになったら、子どもの顔を見せただけて任務完了!と言い聞かせました。
 今年の帰省が少し気楽になったのは、そのおかげかもしれません。

 良い嫁と思われたい、少なくとも社交不安などない普通の人のように振舞いたい、自分の言動で相手をいい気分にしたい、そんな欲を捨てたら楽になったのです。

 子供の頃、長期休暇には母と母の実家に帰省するのがお決まりでした。母には独身の姉が4人もおり、その4人の伯母の暮らす家へ行ったのです。
 母も発達障害だと思うのですが、4人の伯母もそれぞれ困難な人々でした。彼女らの中で、私は可愛い良い子を演じる必要がありました。繰り返された母の実家への帰省、伯母との関わりは、トラウマレベルの思い出となっています。
 伯母の家に滞在中は、長話に付き合ったり、気の利いたことを言って喜ばせようとしたり、伯母の気分を害さないように緊張していました。4人のうちの1人、その伯母の気分を損なうと大変なことになるという恐怖が、あの家を支配していたような気がします。

 良い子と思われなくてはならない、相手を良い気分にさせないといけない。良い子と思われなかったり、相手を良い気分にさせないことは、致命的な失敗であり、罪であり、恐怖である。私にはそんな刷り込みが、あるのでしょう。
 
 でも夫の家族は違うのです。年に1~2回会う嫁が良い嫁かどうか、年に1~2回会ったとき良い気分にさせてくれる相手かどうか、そんなこと判断しようともしていないし、求めてもいないのです。
 孫の顔が見れて、少しばかり楽しい時間が過ごせたら。息子の一家が健康でつつがなく暮らせているなら。ヘンな言い方ですが、嫁の顔なんてへのへのもへじで、案山子のように立っているだけでもいいような気がします。

 その気楽さたるや。
 良い嫁でなくていい。気の利いたことができなくてもいい。
 ちょっと挙動不審でも、会話が噛み合わなくても、誰もたいして気にしやしない。そんなことがあっても、致命的ではないし、ものすごい悪いことをしたわけでもないし、惨劇も起きない、この世の終わりにもならない。OK?自分に言い聞かせて、帰省します。


アダルトチルドレンランキング


にほんブログ村
 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

レースアップパンプスの行く末 [ファッション]

 お正月の前後だったと思います。レースアップパンプスを買いました。
 私が、レースアップパンプスなるものに初めて出会ったのは、「ヒルナンデス」のファッションコーナー。これはいい!!と思いました。何がいいって、ひもで足に結び付ける履き方。
 
 私の足は、甲低幅狭。かかとも細い。履けるパンプスは皆無と言っていいほどなんです。憧れはあるのでたまに買うものの、ほとんど履けずに痛みのあまり処分してきました。
 でも、ひもで縛ってあれば、脱げない!これはぜひ、流行っているうちに履きたい!
 テレビの前で思ったのだけれど、0歳児の育児中、オシャレ靴なんかに意識が向かうはずもなく、時は過ぎたのでした。

 そして、るーさんが1歳を過ぎた頃、セール中のレースアップパンプスに再会したのです。
 憧れのポインテッドトウ。育児中も履きやすいヒールなしのペタンコ。
 ・・・買ってしまいました。ちなみに色は黒。
 そりゃ、スニーカーに比べたら違和感はあるけれど、本物のパンプスのように痛くない。横幅はガバガバなので、足にはよくないでしょうけど、紐のおかげで脱げない。そして尖がったトウでオシャレしている気分になれる。週に1回、日曜日に履くのを楽しみにして、履いていました。

 ところが2017年春、レースアップパンプスの流行は終わるんですか?そんなウワサ?ホント? 
 でもね、履きたいんですよ、私は。痛くなく履ける、女性らしい靴なんですよ。
 履きます。
 
 流行遅れかもしれないけど、だからこそ自分らしく使えるのかも?
 もともと、冷え性でストッキングを履きなれない私なので、靴下で履いていました。ジーンズとか、プリーツスカートと合わせて。ちょっとダサ目な外した使い方っていうのかな。それが、自分の気持ちにも履き心地的にもフィットしていたんです。
 あくまでも自分軸で、ファッションを楽しんでいきたい。レースアップパンプスも、まだまだ楽しみます!


にほんブログ村


40代ファッションランキング



 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

GW帰省カウントダウン~荷造り考え中~ [断捨離]

 ゴールデンウィークの前半に、夫の家族に会いに行きます。これまでも、ゴールデンウィークに会いに行っていました。
 ちーさんやるーさん0歳のときの帰省は、さすがに辛かったです。基本的に寝不足な上、赤ちゃんをあやしつつの長距離ドライブはゲッソリでした。
 でも今年は、4歳と1歳。るーさんも、車移動にすっかり慣れました。今年は旅行気分もちょっとは楽しめそうかなと思います。
 夫の家族に会うのも、対人恐怖と社交不安の強い私にはプレッシャーだけど、だいぶどのように過ごすかのパターンがわかってきたので、今年はちょっと気が楽です。

 ちーさんを連れての初めての帰省のときは、車で行くのをいいことに、超巨大な旅行バッグに、ちーさんの大型のおもちゃまで持ってゆきました。普段使っているものがすべてなければ、1日も過ごせないような不安にかられていたのですね。
 でも昨年、るーさんも連れて4人で行ったときには、私と子どもたちの荷物は登山リュックと、普段使いのマザーズバッグ二つに収めました。
 今年もそれくらいで荷造りするつもりです。できれば去年より減らしたい。

 二泊三日予定の旅行。私はボトムス2枚、トップス3枚、一組はパジャマ兼用のつもりでパジャマはなし。あとはストール1枚、帽子ひとつ。はおりものは1着か、2着。下着と靴下3日分。
 子どもたちは、トップス、ボトムス、靴下、下着、3組ずつ。はおりもの、帽子、ひとつずつ。ちーさんのみパジャマ。るーさんは日常着で寝かせちゃう。
 あとはオムツと、ドライブ用のおもちゃと、お菓子数個、念のためのベビーフード1個、水。外出のお供のちーさんの水筒、るーさんのストローボトル。忘れちゃいけないお土産。
 こんな感じかなぁ。

 何はともあれ、頑張ります!


ミニマリズムランキング


にほんブログ村
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

久しぶりの寄付箱 [断捨離]

 久しぶりに寄付箱を作ることにしました。
 私はこちらのワールドギフトを利用させていただいています。
 http://world--gift.com/

 だいぶ不用品も減ったので、もう利用することはないのではないかと思っていました。少量ならブックオフプラスへ持ち込めるからです。でも今回は、寄付という形で手放させていただこうと思いました。

 箱に入れたのはこちら
 ・ちーさんが生まれたときのもらったぬいぐるみ数点
 ・いただきものの絵本
 ・古いCD
 ・特集が良かったので捨てられなかった育児雑誌など
 ・最近買った本
 ・夫と私と子どもの服数点
 ・チェアベルト(便利と聞いて買ったけど、私はあまり使いませんでした。)
 ・るーさんのとき買ったけどサイズが合わずあまり使わなかった哺乳瓶(乳首を外したものがリサイクルショップにおいてあったので、需要があるようです。)
 ・衝動買いしてしまったるーさんの靴

 ワールドギフトは利用するときにお金がかかります。サイズによって料金が変わります。今回は一番小さいサイズの箱でいいかな。もうしばらく他に入れるものがないか探してから、出すことにします。

 今回は、なんと言っても衝動買いしてしまったるーさんの靴が・・・。反省してます。


断捨離ランキング


にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

別居生活は終わるのか [他の家族]

 母が一時的に家を離れて叶った別居生活も、4ヶ月を経とうとしています。別居できたことには感謝しかありません。けれど、しばらく前にゴールデンウィーク後半に帰ろうかという話がありました。どうも、そのことが引っかかっているのかもしれません。最近、感情的に落ち着かないんです。

 帰ってくるのかな。別居生活は、ひとまず終わりなのかな。いつか、本当に完全別居する道は開けるのかな・・・。
 
 母が帰ってきたらどうなるのかな。嵐のような母。永遠の3歳児な母。
 私はどうしたら変われるのだろう。あの人を前に、あの人と同居しつつ、共依存の呪縛から自由になるには、どうしたらいいのだろう。
 母がいるとイライラする。そのイライラが子どもに悪影響を及ぼすのではないかと思う。帰ってくると聞いただけで、イライラしているのだから。どうしたらいいのだろう。本当に。お手上げ。
 ゴールデンウィークまであと1週間。悩みはとりあえず棚上げ。


にほんブログ村


アダルトチルドレンランキング

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | -
メッセージを送る